サイトM&Aとは?

サイトを売買する行為

サイトM&Aはサイトを売ったり、買ったりする行為を指します。企業や個人が持つウェブサイトが対象で金銭で売買を行うのが特徴です。2005年あたりに始まったサービスでインターネットが盛んになりつつある時代に誕生しました。ウェブサイトが事業価値を出し資産価値も持つようになったため、ウェブビジネスへのシフトチェンジを行う企業が増えたことがサービス誕生の理由です。基本的にウェブサイトの価値は収益性やアクセス数に関係し、評価の高いサイトほど取引価格も高いと言えるでしょう。評価の高いサイトならいきなり収益を出す事ができるので、一からウェブサイトを立ち上げるよりも短時間で人気サイトを作る事ができるのがサイトM&Aの最大の強みです。

サイトを売るメリットについて

手持ちのサイトがある場合はサイトM&Aを使って売ることができます。趣味で運営しているサイトやアフィリエイトを行っているサイトを売ることで、まとまったお金を手に入れる事ができるメリットがあるので検討してみましょう。保有しているウェブサイトは数十万円ほどで販売することができますが、評価が高ければ数千万円になる場合もあります。億を超える金額がつく場合もあるので、大金を得て新たな事業を始めることも可能です。上記の性質を利用してサイトを育てて売買するといった商売もできます。基本的にサイト制作は自己資金がほとんど必要なく、スキルとパソコンがあれば誰でもできるのが魅力です。うまく使って大金を手に入れてみましょう。